大門・浜松町駅近!産直の鮮魚や上品な和食でお出迎え!充実個室で接待に失敗しない《島の恵みと喰らえ 匠》

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
  • ブックマークする
  • クリップする

仕事帰りに後輩と飲みに行くことに

クライアントとの打ち合わせ帰りに、浜松町・大門駅周辺で後輩に「軽く飲んで行かないか?」と声を掛けた。「そういや、この辺に次の接待のリサーチも兼ねて行ってみたい店があったんだよな」

淡路島の食材を使った料理を出してくれる、和食料理屋「島の恵みと喰らえ 匠」HPでチェックしてみた限り店内の雰囲気が良さそうだし、淡路島の食材を使っているところも話のネタになりそうだ。あとは料理や酒の味なども、ちょっと確かめておきたい。

tel

hp_awajishima

高級感のある落ち着いた雰囲気の店内

店に向かうと、浜松町・大門駅から徒歩2くらいの距離でビルの脇に店の看板を発見。「この近さなら、先方もアクセスが良くていいな」

店内は落ち着いた雰囲気で、カウンターなんかも高級感がある。

和服姿の女将も居て、きちんと感があるよなぁ。。

この窓辺の個室もまだ早い時間帯なので明るいが、暗くなって夜景が見える頃にはデートなんかでも使えるような雰囲気だろうな…。

はじめの一杯とともに出てくるお通しはなんと御膳!

とりあえず、まずは生ビールで乾杯する。「お疲れー」「お疲れさまです」

生ビールは2種類銘柄があったが、まずは安定の旨さのエビスで。

こちらがお通しのお迎え膳。手前から時計回りに、蔓紫のお浸し、北寄貝の飛子和え、モロッコ隠元の諸味噌添え、白瓜と水茄子の梅肉和え、南瓜の摺り流し。

これだけのお通しが出てくるとは、おのずと料理の味への期待も高まってくる。

tel

hp_awajishima

「ざる見せ」から素材を選び、好みの料理法でオーダー

ここで、お店名物という「ざる見せ」。本日入荷されたばかりの、産直の新鮮な魚や野菜をざるに盛って見せてくれる。天ぷらや煮付けなど、客の注文に合わせて調理してくれるそうだ。

「これはいいな、盛り上がりそうだ」「喜ばれそうですよね」

この日は魚介はノドグロ、クロムツ、イサキ、岩牡蠣、野菜はニンジン、タモタケ、甘長トウガラシ、エシャレット、ズッキーニ、モロッコインゲン、アスパラなどが並ぶ。

「せっかくだから何か料理してもらおうかな。今日は何がおすすめなの?」「ノドグロがいつもよりお得な価格でいただけますよ。一匹の半身ごとに別の調理法でいただくこともできます」

ということなので、ノドグロの半身を酒蒸し、もう半身を煮付けにしてもらう。また、野菜からアスパラも天ぷらにしてもらうことに

ここで2杯目に、もう一つの生の銘柄「白穂乃香」を注文。フルーティーな香りが特徴のビールで、丁寧にグラスに注がれたきめ細やかな泡が味わえる。

先程注文した、「アスパラの天ぷら」が登場。天つゆと大根おろしも付くが、淡路島で作られた藻塩でさっぱりいただくのも良さそうだ。みずみずしい新鮮なアスパラがさっくりとした食感に揚げられていて、ビールとの相性が抜群だった。

本日のお造りの「刺身5点盛り」。ハタタテヌメリ、アジ、ヒラマサ、オボダイ、マダイに、何と本鮪大トロ、ウニ、イクラまで盛られた豪華な一皿だ。淡路島産の魚も多く、瀬戸内海の島だからか白身の魚が多いようだ。

わさび醤油だけでなく、スダチと藻塩でも味わえる。うん、やはり白身魚には、さっぱりとスダチと藻塩でいただくのが正解だ。どの魚も新鮮でコリコリした食感がたまらない。

ここで、刺身に合わせて淡路島の日本酒「都美人 山廃」を注文。旨味成分であるアミノ酸を多く含む銘柄だそうで、飲みやすさがありながらも味わい深い。もちろん魚との相性もいい。

tel

hp_awajishima

先程半身で注文した、「ノドグロの酒蒸し」。淡路島産の玉ねぎとシイタケ、長芋が付け合わせで、ポン酢と紅葉おろしでいただく。脂がのったノドグロの旨味がぎゅっと凝縮された味わいで、一緒にいただく玉ねぎの甘さとよくマッチしている。

続々とざる見せで頼んだ魚料理が登場。こちらがもう半身の「ノドグロの煮付け」。葉ニンジン、ヤングコーン、オクラ、シイタケ、姫タケ、ネギが付け合わせだ。脂たっぷりのノドグロの身に、上品な味わいのダシがじっくりと染み込んでいる。

半身ずつでも十分なボリュームだ。これは接待の席だとしたら、先方に何匹かそれぞれ好きな魚を料理法で味わっていただけば、満足度も高まるに違いない。

hp_awajishima

ちょっとすっきりしたお酒が飲みたい、ということで珍しい「玉ねぎ焼酎 淡路のひだまり」を水割りで注文。もっと玉ねぎ臭いのかと思ったら、意外とクセが無くて飲みやすい。

酒が進むうちに、後輩に普段話せないような突っ込んだことも聞いてみる。

「最近いつも帰り遅いんじゃないか?」「実はちょっとトラブってる案件があって…。聞いてくださいよー」

tel

hp_awajishima

〆は土鍋で炊き上げた鯛飯

若い奴もいるので〆にご飯ものでもと思い、注文した「淡路鯛の土鍋飯」。土鍋でじっくり炊き上げたごはんは、粒がしっかり立っていて旨そう!

赤だしと香の物も付くのがうれしい。鯛の旨味たっぷりのダシで炊き上げられた、滋味深い味わい。

食べきれない場合は、おにぎりにしてお土産にしてくれるというから安心だ。

tel

hp_awajishima

上質な和食は、いろいろなシーンで安心して使える

落ち着いた店の雰囲気や産地直送の新鮮素材、一品一品職人が手をかけた丁寧な味わいの料理など、どれをとっても接待などおもてなしをする時にうってつけの店ではないだろうか。鮮魚を自分でざるから選んで、好みの食べ方をオーダーできる仕掛けも喜ばれそうだ。

また、今回使った窓に面した個室などはとても落ち着いた雰囲気でデートにも適しているだろう。和食にうるさい友人を連れてきても喜ばれそうだ。後輩とも久々に腹を割って話せたし、いろいろなシーンで失敗しない使える店じゃないだろうか。

hp_awajishima

※この記事は広告です。
島の恵みと喰らえ 匠様、ご協力ありがとうございました。

<<店舗情報>>
  • 目的シーン:デート、友人・知人・同僚、家族と、接待・上司、部下・後輩
  • 駅からのアクセス:都営浅草線・大江戸線「大門」駅A5出口徒歩1分 駅から96m 浜松町駅 北口 徒歩1分
  • 金額:8,000円〜9,999円
  • 時間:[平日]ランチ11:30~14:30ディナー[平日・土]17:00~23:30
  • 定休日:日曜日、祝日
  • TEL:050-7542-4655
  • 住所:東京都港区芝大門1-15-3 GEMS大門 8F

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
     
  • デート、友人・知人・同僚、家族と、接待・上司、部下・後輩
  •  
  • 都営浅草線・大江戸線「大門」駅A5出口徒歩1分 駅から96m 浜松町駅 北口 徒歩1分
  •  
  • 8,000円〜9,999円
  •  
  • [平日]ランチ11:30~14:30ディナー[平日・土]17:00~23:30
  •  
  • 日曜日、祝日
  •  
  • 050-7542-4655
  •  
  • 東京都港区芝大門1-15-3 GEMS大門 8F
  •